ダイテック

沿革
HISTORY

企業情報に戻る
1969年 10月 愛知県名古屋市に会社設立 SS向け省力化システム開発・販売
1972年  7月 東京事業所開設
1973年  7月 我が国初「SS-POSシステム」開発・販売
1974年  8月 関西事業所開設
1976年  6月 中国事業所開設
1978年  4月 九州事業所開設
1980年  5月 東北事業所開設
1980年 10月 コンピュータオンライン網完成サービス開始
1980年 12月 日本石油(株)(現JXTGエネルギー(株))と業務提携
1982年  4月 日本電気(株)(NEC)とSS-POSターミナルの共同開発・販売
1984年  1月 CI導入、会社名を(株)ダイテックに変更
1984年  5月 本社コンピュータ専用ビル竣工(現主税町ビル)
1986年  5月 北海道事業所開設
1987年  3月 北陸事業所開設
1987年 11月 電気設備業向けCAD販売開始
1991年 10月 建築設備業向けCAD「CADWe'll」開発・販売
1991年  9月 財団法人堀情報科学振興財団設立
1994年  4月 日本石油(株)(現JXTGエネルギー(株))「日本石油(株)販売情報戦略システム(NIS)」処理開始
1995年  6月 ジャスダック株式店頭公開
1996年 10月 ローコスト型汎用CAD「ARCDRAW」販売開始
1997年 10月 建築設備業向CAD「CADWe'll CAPE」販売開始
2000年  1月 IDCセンター竣工
2001年 10月 日石三菱(株)(現JXTGエネルギー(株))「日石三菱(株)販売情報戦略システム (ERIX)」処理開始、「ENEOSキャッシュ」カード業務開始
2003年 10月 ISO 9001取得
2005年 10月 ISMS(現ISO/IEC 27001)取得
2006年  6月 収益力強化を目的とした経営の迅速化等のためMBOにより株式非上場化
2006年  6月 堀財団が文化のみち「堀美術館」オープン
2006年  7月 株式非上場化による持株会社(株)ダイテックホールディングを設立
2006年 10月 建築設備業向次世代CAD「CADWe'll Tfas」販売開始
2010年  9月 堀財団公益認定公益財団法人堀科学芸術振興財団に名称変更
2012年  3月 JX日鉱日石エネルギー(株)(現JXTGエネルギー(株))「ENEOS Tカード(現金カード)」カード業務開始
2014年  1月 (株)ダイテックホールディングを(株)ダイテックサンズに商号変更
2015年  4月 (株)ダイテックサンズが(株)ダイテックを吸収合併・統合し(株)ダイテックに社名変更
2015年  5月 JX日鉱日石エネルギー(株)(現JXTGエネルギー(株))「JX日鉱日石エネルギー(株)販売情報戦略システム(ENERIS)」処理開始
2015年  7月 工務店向け基幹業務システム「工務店向けクラウド」開発・提供
2016年  4月 株式移転により持株会社(株)ダイテックホールディングを設立
2017年 10月 工務店向け基幹業務システム「工務店向けクラウドEX」開発・提供
大規模住宅会社向け基幹業務システム「注文・分譲住宅クラウド」開発・提供
2018年  3月 戸建住宅 現場管理業務システム「現場情報共有クラウド」開発・提供
2018年 10月 (株)ダイテックが(株)ダイテックホールディングを吸収合併
ページのトップへ戻る